重要事項説明書

不動産を契約する前に必ず「重要事項説明書」という書類の読み合わせを行います。

37E734DB-3601-4A8B-817E-5366E3FEBDD2

重要事項説明書とは不動産を購入または賃借するときに、その物件の重要な事柄を説明する書類です。

この「重要事項説明書」は「宅地建物取引士」の国家資格所有者でなければ説明することは出来ません。

不動産屋さんに行って、ご担当者さんから名刺をもらったときに「宅地建物取引士」と書いてあれば、国家資格所有者ということになります。

つまり、本物の不動産屋ということです。

99A564CF-1084-4104-8240-FF6EECFF5F57

その宅地建物取引士の合格発表が12月5日(水)にありました。

神奈川県は

申込者25,087人

受験者20,354人

合格者3,366人

合格率16.5%

という結果でした。

 

すでに不動産業に従事していて合格された方、これから不動産業に従事される方、資格マニアで合格された方と色々な合格があると思います。

不動産業でお客様と接する人は資格があって当たり前です。

運転は上手いけど運転免許証を持っていない運転手のバスに乗りますか?

私は18年前に資格を取りましたが、だからといって、おごらず常に勉強してお客様が幸せになれるお部屋探しのお手伝いが出来るようにこれからも頑張ります!

宅地建物取引士-300x196