橋本のおとり物件がひどい

みなさん「おとり物件」ってご存知でしょうか?

募集をしていない物件をインターネットに掲載し、

お客様をお店に来させるという手法。

もちろん良くないことですね。

 

橋本にも「おとり物件」を掲載している不動産業者をみつけました。

私は物件を探していると、

「あれっ?この物件3月21日に物件確認して、すでに終わっているはずなのに、

4月2日にNEWで掲載されている?おかしいな・・・」

キャンセルになったのかなと思い管理会社へ連絡しました。

「この物件キャンセルになって、また募集しているのですか?」

「いいえ、もう終わりましたよ。」

 

やっぱり・・・・

おとり物件でした。

 

そこまでして、お客様を来店させたいのですかね。

お客様の期待を裏切るようなことしたいのですかね。

お客様の大切な時間を無駄にするのですかね。

 

理不尽なもので、こんな不動産業者ほどお客様の来店数を増やし、儲けるのです。

 

こんな不動産業者が1社でもいるから、

不動産情報の質が下がり、不透明になっていくんです。

 

HOMES、SUUMO、アットホーム、スモッカなどのポータルサイトが

ポイントや景品、現金キャッシュバックなどのサービスをやって集客しています。

ただ、ポータルサイトはその物件が本当かどうかまで見極めることは出来ません。

 

根本がブレブレです。

「ご希望のお部屋に住む」

そのために不動産業者がいるんです。

 

みなさんはくれぐれも「おとり物件」に騙されないようにご注意ください。

地元の会社はそんなつまらないことする訳ないですけどね。

TV TOKYO の番組 「WBS」 でも

「おとり物件」について放送されました。

おとり広告

注)こちらは東京の不動産業者です。

 

実際にあったおとり物件の事例 ↓

http://www.kurachic.jp/column/chintai/20160214151515.html