短期解約違約金

「短期解約違約金」ってご存知でしょうか?

意味は字のままで、

「短い期間で解約したら違約金がかかりますよ。」って意味です。

fudousanya

短期解約違約金がかかる可能性がある条件は・・・

・礼金0

・敷金0

・フリーレント(家賃無料)

・仲介手数料なし

・原状回復費用なし

など、お客様がお得なサービスを受けてご契約をすると、短期解約違約金が発生する場合があります。

なぜかと言いますと、

大家さんはお部屋を早く借りてもらいたいので、出来るだけお客様に初期費用がかからないようなお得なサービスをします。

お客様からすると、ご契約にかかるあれこれの費用を支払わずにお引越しが出来るので、お財布にとっても優しい。

お互いにとって、とてもいいサービスに思えるのですが、大家さんからしてみると、「長く住んでくれるかなぁ。せっかく契約したのに2ヶ月後に退去されたら困っちゃうなぁ。フリーレントだから、家賃はもらってないし、仲介手数料は払ったし、清掃代はまたかかるし・・・」と早く退去されてしまうと大家さんが損をしてしまいます。

ojiisan_think

そこで、「短期解約違約金」の登場です。

ご契約開始日から1年以内で解約した場合、違約金として1ヶ月分を支払うものとする。

ご契約開始日から2年以内で解約した場合、違約金として2ヶ月分を支払うものとする。

など、サービスの数や内容によって異なりますが、このような文章が契約書に記載されます。

keiyaku_keiyakusyo

もちろん、契約する前に伝えなければいけない情報なので、もし、お得なサービスが付いていた場合、短期解約違約金があるかどうか確認してみてください。

内容が分かった上で特に問題なければ、大家さんも、お客様も、不動産屋さんもみんながハッピーになれますね。