賃貸マンションと分譲賃貸マンション

今日は「賃貸」マンションと「分譲賃貸」マンションの違いについてお話します。

「賃貸」マンションの目的は「貸すため」に建てています。

マンションを建てた大家さんは家賃収入を得て、金融機関にお金を返済していきます。

家賃収入に合わせて、マンションの建築にかけられる費用が決まります。

building_mansion2

 

 

「分譲」マンションの目的は「売るため」に建てています。

賃貸マンションは土地と建物を所有されていますが、分譲マンションはマンションの専有部分(お部屋)を区分所有しています。

ご自身の住宅として購入した分譲マンションを賃貸で貸し出す場合や、分譲マンションが建つ場所の土地の所有者さんが土地売買の時に、お金ではなく、お部屋と交換して区分所有し、貸し出している場合があります。

分譲マンションデベロッパーは売れるマンションを建てなければいけませんので、お部屋の設備だけでなく、防犯カメラ、管理人さんの常駐、キッズルーム、ゲストルームなどお部屋以外の付加価値を付けてマンションを販売します。

 

kousou_building

 

分譲マンションを賃貸に出している「分譲賃貸」マンションの方がグレードがいいんです。

ただ、お家賃が高かったり、駐輪場の使用料があったり、契約年数が短い場合があったりなどデメリット部分もあります。

分譲賃貸マンションは数が少ないので、物件が出たらお早めにご覧いただくことをおすすめいたします。

貸すため、売るための違いを見比べてみてくださいね。