痛っ!!

今日はお客様のご案内でした。

その時の出来事です。

お部屋をご覧いただく時には、まず玄関の鍵を開けます。

当たり前ですね。

そして、お部屋に入る訳ですが、シャッターが閉まっていたり、ブレーカーが落ちていて照明がつかないので、室内が真っ暗で何も見えません。

まずはお部屋を明るくするため、真っ暗の中、シャッターを開けるか、ブレーカーを上げて照明をつけます。

ここです。

真っ暗なのです。

真っ暗の中を歩くのです。

ということは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

koyubi_butsukeru

こういうことです。

お部屋にタンスはないですが、敷居のちょっとした段差に足の小指をトンッとぶつける訳です。

「痛っ!!」

って、けっこう大きめな声で言いたいですが、お客様のご案内中です。

お客様に

「どうしました?」

とご心配をおかけしてはいけません。

痛みを我慢して、すぐにシャッターを開けたり、ブレーカーを上げたりする訳です。

そして、お部屋が明るくなりますので、当然笑顔です。

suit_man_laugh

 

みなさん、お部屋を内覧するときは、お部屋が明るくなってから、慌てずにゆっくり見ましょうね。