お客様をお待たせしています。

当たり前ですが、私たち不動産会社は物件をご案内の際、鍵の場所を事前に確認します。

鍵が現地にある場合、物件近くの不動産会社に預けている場合、管理会社にある場合、大家さんが鍵を持っている場合など様々です。

まずは、物件を管理されている会社に電話、FAXをして、

 

「☆☆ハイツを14時にご案内させていただきたいのですが、鍵はどちらにございますか?」

 

「〇〇不動産様にお預けしていますので、そちらで鍵をお受け取りください。」

「こちらから、〇〇不動産様には連絡をしておきます。」

こういう時は鍵を預かっている〇〇不動産に行き、鍵を受け取ります。

そして、〇〇不動産に到着し、

 

「こんにちは。」

「☆☆ハイツのご案内で鍵を受け取りに来ました。」

と私は言うのですが、

 

し~ん・・・・・

「こんにちは。」「いらっしゃいませ。」の言葉もなくスタッフが動き出し、鍵を探します。

3分経過。

 

どうやら、鍵が見当たらないようです。

「店長、☆☆ハイツの鍵どこでしたっけ。」

 

(いや聞こえてるよ。)

 

 

「ああ。」

店長が鍵を探し出し、黙って机に置きます。

えっ?

 

 

 

 

 

 

「うぉ~~~い!!物件の管理会社から、事前に鍵受け取りの連絡が入ってるでしょうよ!!」

「なぜ鍵を準備しておかない!!」

「お客様が待ってるでしょうよ!!」

「その前に、こんにちは。は?」

 

って言いたくなります。

 

 

我々不動産会社はお客様の大事な時間をちょうだいして、物件をご案内させていただいております。

鍵を預かっている〇〇不動産は☆☆ハイツが契約になっても収入にはならないかも知れません。

しかし、鍵をお預かりしているということは、財産をお預かりしているということ。

「店長、☆☆ハイツの鍵どこでしたっけ。」

なんてことは口が裂けても絶対に言ってはなりません。

「怒るでしかし!」