電話

お客様にご紹介させていただく物件が見つかったとき、その物件を管理している管理会社様へ電話をして、物件がまだあるかどうかの確認をします。

この物件確認の電話はすごく重要で、物件があればお客様へご紹介できますし、なくなっていれば、ご紹介が出来ません。(当然ですね)

 

denwa_business_man

私「物件の確認ですがよろしいでしょうか?」

 

 

denwa_business_woman

女性「はい。」

 

 

denwa_business_man

私「〇〇ハイツ 103号室ですが、ございますか?」

 

 

denwa_business_woman

女性「だぶんあると思うんですが・・・ 

一瞬待ってもらっていいですかぁ?」

 

 

denwa_business_man

私「? はい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待つこと1分・・・

 

 

denwa_business_woman

女性「あります。」

 

物件はありましたが、私はこの物件をお客様へご紹介いたしませんでした。

私は管理会社様がどんな会社なのかを感じ取ることも大事だと思っています。

お客様はお引越し後、管理会社様と長いお付き合いが始まります。

大家さんから大事な財産をお預かりしている管理会社様は、私と電話をしているのではなく、その先にいらっしゃるお客様のことを感じて欲しいと思います。

businessman_dekiru

他人事のような声、面倒くさがっている声、おじさん分かるからね!