お申込みの順番

お申込みの順番

物件をご覧いただき、お部屋を決める時は「入居申込書」にご記入いただきます。

「入居申込書」とは、「入居したいので、申込みます。大家さんよろしくお願いします。」

という意味合いの書類で、ご契約者様の氏名、住所、電話番号、勤務先、年収などなどたくさんの個人情報をご記入いただきます。

hanko_natsuin_woman

その「入居申込書」が管理会社さんに届いた時点でお申込みとなります。

では、土曜日や日曜日などお客様のご来店、ご内見が多い日にお申込みが重なってしまった場合はどうやって決めると思いますか?

ズバリ「早いもの順」になります。

FAXで入居申込書を送ることが多いのですが、もし、ほぼ同時だった場合、下にある「入居申込書」が1番手となります。

undoukai_ittou_red

まさにタッチの差。

そのため不動産業者が急かすのです。

「早くしないと物件がなくなっちゃいますよ。」というのはある意味では本当のことでもあります。

ただ、早いもの順だからと言って、名前と住所だけしか書かず急いで申込みさせる不動産業者がいますが、大家さん側(管理会社側)からすると印象は良くないですね。

「これで物件を押さえちゃえ!」みたいなノリですからね。

これではお部屋を貸してもらえません。

悪い業者は「3つとも押さえちゃいましょう」など平気で言っちゃいます。

sagishi_man

不動産業は財産を取り扱う仕事です。

自分のことだけでなく、相手(大家さん)がいることも考えなければいけませんね。

 

ケイ・ライフのトピックス!

ケイライフのHPはこちら

ケイライフの社長ブログはこちら

▼ 物件を探すかたはこちらから!
物件を探す